2005年11月09日

遺伝子型ダイエットの本について

 ダイエットの仕方は、遺伝子型によって変えるべきであることを述べたTV番組(効果的なダイエットは遺伝子タイプで異なる!!-世界一受けたい授業(NTV,9.3,2005))については、すでに記事で報告しました。そのときの講演者であった佐藤芹香さんの著書が出版されていましたので書いておきましょう。

佐藤芹香遺伝子型ダイエット.jpg 佐藤芹香著”遺伝子型ダイエット”です。

 著者は、米国コーネル大学政治学部および医学部卒。米国で肥満遺伝子のタイプに基づいた心臓病の治療・予防を研究。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)、同大学大学院博士後期課程(PhD)修了。04年日本ウェイトマネージメントを設立。日本人特有の肥満遺伝子の研究結果に基づく健康増進・減量プログラムを、企業や個人に提供しています。

 多くの日本人は3種類ある肥満遺伝子(リンゴ型・洋ナシ型・バナナ型)のどれかを持っています。男性に多い下腹太りのリンゴ型は、炭水化物を少なくする必要があります女性に多い下半身太りの洋ナシ型は、脂質を少なくする必要があります太りにくいけど太るとやせにくいバナナ型は、たんぱく質を多くとる必要があります。たんぱく質を分解する速度が速くて筋肉がつきにくく、年をとると代謝が落ちやすいのです。もちろん複合型もあります。

 複数の体験者の結果も載っていました。遺伝子型を分析したあと、食事と運動を組み合わせて2週間で数値が改善していったことが報告されていました。

 改めて、遺伝子型ダイエットの内容について認識することができました。本には、遺伝子型ダイエットの診断の方法(郵送分析)も載っていました。賢く利用したいものですね。

<参考>
肥満遺伝子 検査キット
肥満遺伝子 検査キット
「肥満遺伝子 検査キット」は、自宅で手軽に検体を採取して、3種類の肥満遺伝子を分析する検査キットです。返送した検体到着後、約1週間で検査報告書が届きます。肥満遺伝子の分析結果に加え、あなたに理想のダイエット方法(食事・運動・サプリメント)をきめ細かく報告します。さらに普段の食事から分析された栄養に関する結果も報告されるので、生活予防週間の予防、健康管理にも役立ちます。

生活習慣病セルフチェック
生活習慣病セルフチェック
「生活習慣病セルフチェック」は、自宅で手軽に自分で採血をして、生活習慣病をチェックする検査キットです。栄養状態、肝機能、脂質、糖、腎機能、通風のチェックができます。検体返送後、約1週間で結果速報があなたのeメールに届き、結果シートは郵送で送られてきます。疫病予防にお役立てください。取り扱い説明書つき。

 人気ブログランキング-応援ありがとうございます。

 次回は1週間以内に更新の予定です。


posted by やまゆり at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ベルメゾンネット

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。