2005年06月20日

超悪玉コレステロールとは?-あるある大辞典2(6.19、2005)

 日差しも強くなってきましたね。皮膚の対策も意識していきたいものです。

 早速、あるある大辞典2(6.19、2005)について述べましょう!

 まず、メキシコでリラックスのために飲まれていて、マヤ文明時代から愛用されているものは?―ココアでした。たしか支倉常長がメキシコでココアを飲み泥のように感じたというのが、日本人ではじめてココアを飲んだ記録であると以前どこかの番組で言っていたような気がします。ココアは、まえにブームになったことがありましたね。カルシウムとマグネシウムが吸収しやすい比率で含まれていて体に良いということでしたので、私もずっと飲んでいます。

 メインは『超悪玉コレステロール』でした。悪玉コレステロールの粒の小さいものをそう呼ぶのです。悪玉コレステロールが3日で回収されるのに対し、超悪玉コレステロールは5日間血液中にとどまる上に血管壁に入り込んでかたまりとなりやすいのです。つまり、血管が細くなって詰まりを引き起こすのです。心筋梗塞や脳梗塞を起こすというのですからおだやかでありません。通常善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスがとれて正常なわけですから、ミニサイズの超悪玉コレステロールの存在は脅威といえます。

 超悪玉コレステロールを持っているかを調べる簡単な方法が紹介されていました。まず、いすに座り太ももの上に手のひらをつけて10秒数えたあと、前のテーブル上に手のひらをうえに向けて置きます。右手左手の手のひらと手首の色を比べます。
1) 色が同じ<安全>2)手のひらが赤い<注意>3)手のひらが霜降状態(白赤まだら)<危険
肝臓の機能が落ちると手のひら内の毛細血管が太くなり赤く見えてくるそうです。さらに悪化すると太い血管もより太くなってくるため手のひらがまだら(霜降)に見えてくるそうです。簡単に見分けられるのはうれしいですね。でも怖い話です。

 では、どうして超悪玉コレステロールができるのか?というと、肝臓の機能低下によってできるそうです。飲酒・喫煙・過剰の脂質糖質の摂取により、肝臓の働きが悪くなり、肝臓中で悪玉コレステロール生成が不充分な状態つまり粒の小さな超悪玉コレステロールの状態で外に出してしまうのです!

 どうしたら改善できるのか?−生活改善が第一です。ただ、肝臓の機能を良くしないと短期間での改善は見込めません。番組では1週間大豆製品1回25g以上(豆腐だと3/4丁)をとりつづけたところ、超悪玉コレステロールが劇的に減少することを報告していました。付随して中性脂肪や総コレステロール量にも改善がみられていました。

 最後のコーナーでは、紫外線に強い肌を作る野菜の紹介が長野県から報告されていました。グリーンアスパラガスをとると、肌を黒くするメラノサイトに働きかけ抑制するほか、肌を本来の色に回復していく作用があるそうです。

 超悪玉コレステロールは突然脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすので、日ごろから肝臓を大事にしたいと痛切に感じました。大豆製品も積極的にとりたいものです!

<参考>
テンペ(大豆発酵食品)

「テンペ」とは、ハイビスカスの花の裏に付いているこうじ菌の一種、「テンペ菌」を茹でた大豆に接種して発酵させた食品で、インドネシアでは数百年前から庶民に親しまれている伝統的な大豆発酵食品です。近年日本でも新聞などで「大豆イソフラボン」が豊富に含まれ「テンペ菌」によって吸収されやすいと多く取り上げられています。納豆と違ってにおいや糸ひきもなく扱いやすいため、一部の学校給食で扱われています。臭みが全くなく、かめばかむほど味わいが有る感じです。

豊年大豆イソフラボン30 90粒

大豆イソフラボンは、栄養豊富な大豆の中にわずか2%しか含まれていない貴重な胚芽部分から抽出した成分で、最近女性の健康維持に注目を集めている成分です。本品は大豆イソフラボンを1粒中に30mg配合し、さらにローヤルゼリー、大豆より抽出したビタミンE、レシチンなどを配合し、女性の健康維持をサポートします。30代からの女性におすすめしたい栄養補助食品です。

キリン 大豆イソフラボン 90g(250mg×約360粒)

大豆イソフラボンとは胚芽部分に含まれるフラボノイドの一種で、女性の健康のためにおすすめの成分です。遺伝子組み換えをしていない大豆のイソフラボンを1日の目安量12粒あたり50mg(豆腐100g相当)配合しています。癒し系ハーブのパッションフラワーを1日の摂取目安量あたり450mg(乾燥末換算)配合。カルシウムとビタミンCも配合しました。

 人気ブログランキング-クリックしていただくとカウントされます。ご協力ありがとうございます。

 次回は1週間以内に更新の予定です。
posted by やまゆり at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4483446

この記事へのトラックバック
ベルメゾンネット